本文へ移動

中山咲月、トランスジェンダー&無性愛を初フォトエッセーで激白「理解してほしいのではなく、知ってほしい」

2021年8月16日 10時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初フォトエッセー「無性愛」を発売する中山咲月

初フォトエッセー「無性愛」を発売する中山咲月

 心と体の性が一致しないトランスジェンダーであり、性的な行為への関心や欲求が少ない、または存在しない無性愛者であることも公表しているモデルで俳優の中山咲月(22)が、初のフォトエッセー「無性愛」をワニブックスから9月17日に発売する。
 「皆さんに、改めて報告したいことがあります。自分、中山咲月は、トランスジェンダーです。今まで女性役を演じたこともありますが、女性として認識されることはつらく、性別という枠を超えて俳優業をやらせていただきたいと心に決めました。トランスジェンダーというと、『じゃあ女性が好きなの?』と聞かれることがありますが、自分はこれにプラスして無性愛者(asexual)の特性も持っています。自分ですら扱いにくい性別ですが、無性愛者のセカイを人に伝え、知ってもらいたい。そんなふうに思い、このフォトエッセーを出版させていただく運びになりました」
 13歳でモデルデビューし、女性として雑誌や広告で活躍してきたが、18年に女優ではなく俳優として初出演したTBS系連続ドラマ「中学聖日記」のジェンダーレスな役が話題となった。19年1月に自身のブログで「自分の性がやっとはっきりしてきて核心に近づいたと思いました 戸籍上性別は女性 容姿や服装は男性的なものを好む 恋愛は無性愛」とカミングアウトした上で「恋愛感情を強要されるのが時々辛(つら)いです」などと打ち明けていた。
 昨年には「仮面ライダー ゼロワン」亡役に抜てきされたほか、今年は日本の結婚観に一石を投じたオンライン演劇「スーパーフラットライフ」に出演し話題となった。
 フォトエッセー出版について「共感してほしい、理解してほしいのではなく、知ってほしい。周りに伝えていくことが『自分の理想』を押し付けてしまうようで、ずっと怖かったんだと思います。でも、自分の気持ちにフタをせず、自分らしく生きてみようと、やっと踏ん切りがつきました」と心境を吐露しながら「性別の枠を超え、人間・中山咲月としてご覧いただけたら、こんな幸せなことはありません」と語っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ