本文へ移動

サッカーの欧州各国リーグはこのままシーズン終了の恐れ…来年に今季残り試合を開催する案も浮上

2020年3月29日 12時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国健康保護庁が発表したコロナウイルスの電子顕微鏡写真(AP)

英国健康保護庁が発表したコロナウイルスの電子顕微鏡写真(AP)

 欧州での新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、中断しているサッカーの欧州各国リーグと、欧州カップ戦について、このまま再開せずに終了する可能性が現実味を帯びてきた。
 欧州サッカー連盟(UEFA)のチェフェリン会長が「各国リーグの再開時期について5月中旬、6月、6月下旬と3案ある。しかし、これらが実現しなければ、今季は失われる」と28日付の伊紙レプブリカに語った。さらに「今季の残り分は、来季の開幕時期から行い、その後来シーズンを行う可能性もある」と新たな対応策を明かした。
 同日の英大衆紙デーリーメールは「今季のプレミアリーグはキャンセルの可能性がある」と報じた。現在、プレミアリーグは4月30日まで中断することが決まっているが、英国全土に外出禁止令が出され、感染拡大の勢いは収まる気配がない。「現実的に5月1日からの再開は難しく、選手も同意しないだろう」と伝えた。
 各リーグともこのまま中止にした場合は莫大(ばくだい)な放映権料を放送局に返金しなければならず、各クラブとも財政危機に陥る恐れがある。そのため簡単には中止の決断ができないという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ