本文へ移動

【J1名古屋】攻守で勝利の立役者・金眠泰「仲間や監督、サポーターからも今より信頼を得られるように頑張りたい」

2021年8月15日 22時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―湘南 後半、先制ゴールを決め雄たけびを上げる名古屋・金眠泰

名古屋―湘南 後半、先制ゴールを決め雄たけびを上げる名古屋・金眠泰

◇15日 J1第24節 名古屋1―0湘南(豊田スタジアム)
 試合終了の笛が鳴ると、名古屋の韓国人DF金眠泰(キム・ミンテ、27)はその場でうつぶせに倒れ込んで芝に顔をうずめた。「うれしい気持ちもあったし、暑さとかで、きつかった。終わったという感じ」。13日の加入後、初先発でいきなり挙げた決勝ゴール。疲労感とともにうれしさが全身を貫いた。
 「昨日(14日)からヘディングの調子が良かった。自分の方にボールがくれば決められる自信があったので、相馬に指示をしたらしっかりいいボールを蹴ってくれた」
 0―0の均衡を破ったのは後半29分。FW相馬が蹴った左CKに、ファーサイドへと走り込んで反応。前日練習で得た自信をそのままゴールへとぶつけ、チームにとってリーグ戦7試合ぶりの勝利をたぐり寄せた。
 不器用なまでに実直な姿勢が結果を呼び込んだ。4シーズン半を過ごした札幌からの決意の移籍。金眠泰は名古屋では札幌の話をしないと決めた。「しっかりと名古屋に切り替えて、名古屋のためにグランパスのためにやっていきたい」。新天地で交わした自分との約束が、いきなりの決勝ゴールとして実を結んだ。
 本職の守備でも要所を締め、攻守で勝利の立役者になった。「まだまだ試合はいっぱいある。仲間や監督、サポーターからも今より信頼を得られるように頑張りたい」。最高の形でグランパスでの物語、新章をつむぎ始めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ