本文へ移動

ドラフト候補 強打の大型捕手プロ志望届 最後の夏は4の0【甲子園】

2021年8月15日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マウンド上で話す県岐阜商・高木(左)と野崎

マウンド上で話す県岐阜商・高木(左)と野崎

◇15日 全国高校野球選手権大会1回戦 明徳義塾3x―2県岐阜商(甲子園)
 県岐阜商の強打の捕手・高木は甲子園に快音を響かせられなかった。6回無死三塁で遊ゴロに倒れるなど4打数無安打。野崎、小西の両投手を好リードしたが「この代で日本一を取ろうとやってきた。勝ちきれなかったのが悔しい」と言葉を絞り出した。
 今後について「上の世界でレベルアップしてやっていきたい」とプロ志望届を出す考えを示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ