本文へ移動

【オリックス】ジョーンズ、朗希154km撃ち先制2ラン「ありがとう岡本バット」G岡本から譲り受ける

2021年8月15日 18時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表無死一塁、先制2ランを放ち、一走杉本(左)に迎えられるオリックスのジョーンズ

2回表無死一塁、先制2ランを放ち、一走杉本(左)に迎えられるオリックスのジョーンズ

◇15日 ロッテ―オリックス(ZOZOマリン)
 オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(36)が、2年目の大型右腕・佐々木朗希投手(19)にメジャー通算282本塁打の破壊力をまざまざと見せつけた。2回、先頭の4番・杉本が中前安打で出塁すると、カウント1―1からの154キロ直球を左翼席へ運んだ。
 先制2ランに「打ったのはストレート。いいボールが来たら積極的に打ちにいこうと思っていた。しっかりとミスショットすることなく打ててよかったよ! ありがとう、岡本バット」。球団広報によると、巨人・岡本和にバットを譲り受けていたそうだ。
 この日は今季26試合目のスタメン。「5番・指名打者」として首位陥落の危機を迎えているチームを勢いづけるような一発。7月11日のソフトバンク戦で放って以来の3号で先発・山崎福を援護した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ