本文へ移動

酒井高徳に続き…J1神戸のトップチーム関係者1人が新型コロナ感染 31日にPCR検査

2020年4月1日 11時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
酒井高徳

酒井高徳

 サッカーJ1リーグのヴィッセル神戸は1日、トップチーム関係者1人に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。3月30日に元日本代表でもある酒井高徳選手(29)の感染を発表してから2日。イニエスタらスター選手を抱えるチーム内で感染拡大の恐れもある。
 新たな感染者は発熱やセキ、味覚・嗅覚障害などの症状はなかったが、3月31日の午前8時にチームドクターの判断から兵庫県内の病院でPCR検査を実施。同日の午後9時にPCR検査の陽性判定が出たという。その時点でも発熱やセキ、味覚・嗅覚障害などの症状はないとしている。
 このため神戸は引き続き保健所の指導のもと濃厚接触者の特定、トレーニング施設のいぶきの森球技場の消毒などに努める。また、いぶきの森球技場の再開に関しては、選手やスタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに運営の再開を予定している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ