本文へ移動

メッシらバルサの選手が給与7割カットでクラブと合意 スタッフが100%の給与を受け取れるように

2020年3月31日 11時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リオネル・メッシ(AP)

リオネル・メッシ(AP)

 FWリオネル・メッシ(32)らスペイン1部リーグのバルセロナの選手らが30日、新型コロナウイルスの感染拡大でリーグ戦が中断している間、クラブのスタッフが100%の給与を受け取れるようにするため、自分たち選手の給与を70パーセント削減に合意したと発表した。メッシやDFピケら選手たちがインスタグラムなど自らのSNSで一斉に声明を発表した。「まずはっきりさせたいのは、われわれは常に給与削減に応じる意思はあった。この困難な状況を完全に理解しており、選手としてクラブを助けたい」と説明した。
 一部報道で「メッシらバルセロナの選手らが年俸の削減に反対している」と伝えられていた。これについて「この数日、合意が遅れたのは、この困難な時期にクラブや従業員を助けるための最善の策を探していたから」と釈明した。また「さらなる金銭的支援を行う」と明かした。
 バルセロナではクラブ幹部やバスケットボールのプロ選手らも給与の削減に合意していた。
 スペインでは厳格な外出制限措置を行っているが、30日の時点で感染者数は8万5195人で、死者は7340人。米国、イタリアに次いで世界3番目の感染規模に拡大した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ