本文へ移動

新型コロナ感染の田嶋幸三会長が退院 ウェブ会見で謝罪「ご迷惑、ご心配をおかけしたことをおわび申し上げます」

2020年4月2日 16時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
田嶋幸三会長

田嶋幸三会長

 新型コロナウイルスに感染し、治療中だった日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が2日、入院先の東京都内の病院を退院した。同日午後、ウェブを利用した記者会見を開き、田嶋会長は「新型コロナウイルスに感染したことでご迷惑、ご心配をおかけしたことをおわび申し上げます」と述べた。
 田嶋会長は3月29日の評議員会、理事会を経て、3期目が正式にスタートしたばかり。田嶋会長は「このタイミングで会長をすることの責任の大きさを今まで以上に感じている。サッカー界全体が一つとなり、一枚岩となって、この危機を乗り越えていきたい。日本中、世界中で、笑顔でサッカーができる日に向け、目の前の課題を一つずつ解決していきたいと思う」と話した。
 田嶋会長は2月下旬から3月上旬にかけて、欧州サッカー連盟(UEFA)総会出席などのため英国、オランダ、米国を訪れた。同8日に帰国後、微熱などの体調不良を訴え、PCR検査の結果、同17日に陽性と診断された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ