本文へ移動

張本勲さん発言、女性キャスター主導での謝罪手法に疑問「再発防止にはつながりえないもの」とリモート出演の安田菜津紀さん

2021年8月15日 12時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 フォトジャーナリスト安田菜津紀さん(34)が15日、TBSテレビ情報番組「サンデーモーニング」へのリモート出演後に自身のツイッターを更新。同番組のスポーツコーナーで、野球解説者の張本勲さん(81)の女子ボクシングを巡る過去の問題発言を取り上げた際、女性キャスター主導で謝罪した手法に疑問を投げ掛けた。
 張本さんは8日の放送で、東京五輪女子ボクシング金メダリスト入江聖奈(20)に関して「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだ」などと発言。競技連盟から抗議文が送られるなど、物議を醸した。これを受け、15日の放送では女性キャスターがコーナーに先立って一連の経緯を説明し、「不快に思われた関係者の皆さま、そして視聴者の皆さま、大変申し訳ございませんでした」と謝罪。続けてリモート出演した張本さんが「今回は言い方を間違えて反省してます。以後気を付けます」と述べていた。
 安田さんはツイッターで「張本さんの発言を『蔑視と“受け取られかねない”』ものと表現されたこと、それを女性のキャスターの方が伝える形をとったことは、再発防止にはつながりえないものだと私は考えます」と疑問を呈した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ