本文へ移動

浸水、崩落…各所で 記録的大雨、12市町に避難所100カ所超 

2021年8月15日 05時00分 (8月15日 05時00分更新)
大雨の影響で陥没した道路=大津市南滋賀町で(県警提供)

大雨の影響で陥没した道路=大津市南滋賀町で(県警提供)

  • 大雨の影響で陥没した道路=大津市南滋賀町で(県警提供)
  • トンネルに土砂が流れ込んだ国道161号西大津バイパス=滋賀国道事務所提供
  • 大雨の影響で運転見合わせを知らせる電光掲示板=大津市のJR大津駅で
  • 大雨で冠水し、通行止めになった県道。時折、脇道から入ってきた車が水しぶきを上げて通行していた=近江八幡市大森町で(一部画像処理)
  • 「密」を避けるため、壁際に並べられた椅子に座る避難者=豊郷町吉田の日栄小で
 停滞する前線の影響で県内は十四日、記録的な大雨に見舞われた。県内の多くの自治体に避難所が開設され、住民が一時身を寄せたほか、浸水や増水も各所で発生。交通機関は運休や遅れが相次いだ。気象台は大雨が今後数日間続くとし、警戒を緩めないように注意喚起している。 (松瀬晴行、松田雄亮、渡辺雄紀、磯貝元)
 彦根地方気象台によると、県内では十三日夜から県南部を中心に強い雨が降り続けた。近江八幡市では十四日午後二時十分までの二十四時間の降水量が二〇四・五ミリとなり、八月の観測史上最高を記録した。
 大雨は十五日午前にピークを迎えた後、一時的に弱まるが、再び雨が降り始める可能性があるという。同じ場所に雨が降り続ける「線状降水帯」が発生する危険もあるとして、担当者は「危険を感じたらすぐに避難する意識を持ってほしい」と呼び掛けている。
 避難指示が出された湖南市と豊郷、愛荘、多賀の三町をはじめ、彦根市や東近江市、近江八幡市など合わせて十二市町に百カ所以上の避難所が開設され、高齢者らが避難した。
 豊郷町日栄小学校には午後二時半時点で二十三世帯三十六人が避難。新型コロナウイルス対策として検温や手指消毒のほか、「密...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧