本文へ移動

活動休止に浦和・西川は心中複雑「勝利分かち合ったり、罵声飛ばされたりする日が来ることを信じて」

2020年4月13日 23時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブ上で取材に応じる浦和のGK西川

ウェブ上で取材に応じる浦和のGK西川

 浦和の元日本代表GK西川周作(33)が13日、自宅からビデオ会議アプリ「Zoom」を通じて報道各社の合同取材に応じた。5日からチームの活動が休止となり「GKとして、ボールを受ける機会がゼロに等しいくらいないのは難しい」と複雑な心中をのぞかせながらも「勝利を分かち合ったり、罵声を飛ばされたりする日が来ることを信じて、楽しみにしている」と公式戦再開への思いを語った。
 新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、外出自粛の日々が続く中、西川は基礎トレーニングや縄跳び、ランニングに加え、スペイン2部のウエスカに所属する元日本代表FW岡崎がSNSに投稿した体幹トレに学び「自宅で実践できて、体を追い込めるのでまねしている」と言う。
 自宅の庭に設置した跳躍器具で「子どもたちと一緒に全力で遊ぶ」ことが日課になっているそうで、西川は「健康が第一。最低限、体を動かしながら(新型コロナが)終息することを願っている」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ