本文へ移動

【J1名古屋】フィッカデンティ監督が積極起用を示唆 シュビルツォク、金眠泰「即戦力として我々にパワーくれる」

2021年8月14日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィッカデンティ監督

フィッカデンティ監督

 14日に会見した名古屋グランパスのマッシモ・フィッカデンティ監督(53)は、連戦が続く中でのFWシュビルツォク、DF金眠泰の適応について「日程的にほとんど練習に交ぜる機会をつくれないにしても、即戦力として我々にパワーを与えてくれる」と積極起用を示唆した。
 直近6試合で1得点と得点力不足が深刻な攻撃陣では、シュビルツォクが横浜M戦で移籍後初出場を果たした。チーム練習をしていない中でのプレーにも「欧州で手ごわいDFを相手にやってきたというのは見て分かったと思う」と称賛。本職外の1トップでプレーしてきたFW柿谷らへの波及効果にも期待した。
 一方で、「彼が来たから全て解決という位置づけで話はしたくない」と楽観視はしない。前回湘南戦では、数的有利の状況から守りを固められ0―0のドロー。指揮官は「どういう試合に前回なったかは選手も覚えているし、(相手の守りを)崩していかなければいけない」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ