本文へ移動

神戸のイニエスタが新型コロナ感染拡大の被害が大きい母国スペインにマスク2000枚を寄付

2020年4月15日 11時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イニエスタ

イニエスタ

 J1神戸のイニエスタ(35)が、新型コロナウイルス感染拡大の被害が大きい故郷スペイン・アルバセテの病院などにマスク2000枚を寄付したと地元紙「ラ・バングアルディア」などが伝えている。
 イニエスタは今月、地元ラジオ局の取材に対して支援の意向を示していたが、医療物資配布などの対応に当たっている地元ソーシャルワーカーの話として「アンドレス(イニエスタ)と彼の家族が、この地域内の数多くの医療センターに無欲無私での援助をしてくれた」と、実際に数多くのFFP2ウイルス対応マスクを贈ってくれたことを明かしている。
 また「彼は常にアルバセテの社会との連帯を発信し続けている。総合病院の救急サービスにベッドが届けられるなど、衛生設備をわれわれに提供してくれている」とイニエスタの善意に感謝の念を示している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ