本文へ移動

Jリーグ8月再開案「リーグ戦の成立要件を満たす」ことに主眼…年越しや変則日程も検討へ

2020年4月15日 09時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
村井チェアマン

村井チェアマン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Jリーグが2月下旬から中断している公式戦を8月に再開する案を検討していることが14日、明らかになった。複数のJリーグ関係者によると、同日にウェブ会議方式で開かれた全クラブの代表者による合同実行委員会で、新たなプランとして議論されたという。
 合同実行委では7月、もしくは8月に再開した場合、「リーグ戦の成立要件を満たす」ことに主眼を置き、年越しや変則的な試合消化数になる可能性も示された模様。ルヴァン杯は大会方式の変更が有力になっているという。
 Jリーグは専門家の提言を踏まえ、今月3日に4度目の公式戦延期を決定。J3は4月25日開幕、J2は5月2日、J1は同9日の再開を白紙撤回した。村井チェアマンは「1カ月以上は期間を置く」と、J1、J2の再開は早くても6月以降にずれ込む認識を示していた。
 だが、新型コロナの感染は収束に向かうどころか拡大傾向となり、今月7日には政府が7都府県に対して緊急事態宣言を発令。この日の実行委では6月の再開を懸念する意見が出たという。
 現段階では感染の推移を見通せず、公式戦再開のめどが立たない中、Jリーグの日程再編は諸条件が複雑に絡み合い、困難を極めている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ