本文へ移動

【楽天】オコエ2試合連続の先制打、トリプルプレーの空気吹き払う 石井監督「29、30、31歳のころに活躍してくれるよう使っていきたい」

2021年8月14日 17時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・オコエ

楽天・オコエ

◇14日 西武―楽天(メットライフドーム)
 楽天のオコエ瑠偉外野手(24)が「7番・右翼」で先発出場し、2回1死一、三塁で迎えた第1打席、西武の先発右腕・今井から中前へ2試合連続の先制適時打を放った。
 13日のリプレーのような先制打。楽天が初回に三重殺を食らう嫌な空気を吹き払った。
 オコエは13日の試合後は「妹と共に頑張ります」と東京五輪のバスケットボール銀メダルのオコエ桃仁花(22=富士通)に負けないプレーを誓っていたがこの日も流れを呼び込む一打になった。
 試合前、石井一久監督(47)は「成長して(選手として)一番いい29、30、31歳のころに活躍してくれるよう使っていきたい」と中長期的な視点で起用する考え。結果を出すだけだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ