本文へ移動

日本代表DF長友が”太っ腹” マスクを医療従事者に届けるプロジェクトに『500万円』寄付

2020年4月17日 00時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長友佑都

長友佑都

 サッカーのトルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)が16日、自身の公式ツイッターで、新型ウイルス禍で不足しているマスクを医療従事者に届けるクラウドファンディングに500万円を寄付したことを明かした。
 「院内感染の恐怖の中で自分の危険もかえりみず、かけがえのない命を救ってくださっている医療従事者の皆様に心から感謝します」と医師や看護師など不眠不休で稼働する医療従事者に謝意を示すとともに、「少しでも支えることができればと思い、500万円を寄付させていただきました。みんなの力でマスクを届けましょう!」とつづった。
 「#マスクを医療従事者に」のハッシュタグで特定非営利活動法人ジャパンハートが展開しているクラウドファンディングで16日午後11時に募集が終了。寄付者は計算1万5195人で総額1億5271万2000円が集まった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ