本文へ移動

FIFA医事委員会委員長が“シーズン打ち切り”を提唱 「1.5メートルの距離を…サッカーの試合は不可能だ」

2020年4月29日 14時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州リーグは無観客で行われたが…=2月27日(AP)

欧州リーグは無観客で行われたが…=2月27日(AP)

 国際サッカー連盟(FIFA)医事委員会のミシェル・ドゥーゲ委員長が28日、シーズンを打ち切って来季開幕の準備に切り替えるよう提唱した。英BBC放送やスカイスポーツの取材に答え、「今後数週間は公式戦の開催を避けることを提案する。来季がしっかりスタートできるよう準備してほしい」と話した。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、欧州サッカーは3月から中断。28日には、欧州サッカー連盟(UEFA)から各国リーグに再開プランを5月25日までに知らせるよう要請があったという。
 オランダとフランスは各政府の方針により、シーズン打ち切りが決定的だが、その他のリーグは具体的な再開プランの策定を急いでいる。イタリア・セリエAやドイツ・ブンデスリーガは5月末、イングランド・プレミアリーグは6月から無観客試合での再開を計画していた。
 ドゥーゲ委員長は「どうやれば選手たちは接触を避けてプレーできるというのか。サッカーでは難しい。一般社会では1・5メートルの距離を保とう、と言っているときにサッカーの試合は不可能だ」と指摘。さらに「完全な解決策はワクチンができるまでは難しい」と見解も示した。
 これらの発言を欧州の各メディアが大々的に報じ、ファンもSNSなどで意見を戦わせている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ