本文へ移動

「セリエA再開の道は狭い」と伊スポーツ相 打ち切りの可能性示唆 「プランB=9月からの来季に目を向けるべき」

2020年4月30日 12時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シーズン再開を目指しているセリエAだが…(AP)

シーズン再開を目指しているセリエAだが…(AP)

 イタリア政府のビンツェンツォ・スパダフォラ・スポーツ相が、イタリア・セリエAのシーズン再開について「その道はものすごく狭いと見ている」と話し、打ち切りの可能性を示唆した。セリエAは5月末のシーズン再開に向け、5月4日から練習を始める予定だったが同日、スパダフォラ・スポーツ相は「イタリア連盟が示した再開の手順は不十分」として許可しなかった。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、3月9日からシーズンが中断しているセリエA。イタリアのテレビ局「La7」にテレビ電話出演したスパダフォラ・スポーツ相は「降伏する考えはみじんもない。降伏は、サッカーの死を意味する」と前置きした上でこう続けた。「イタリアもこれらの国々と同じ道をたどることを考えなくてはならないかもしれない」と話し、すでに今季シーズンの打ち切りが決定的なフランスやオランダに追従する可能性を示唆した。
 さらに「もし私がクラブの会長なら、いかに安全に元通りに戻るかを考える。プランB(代替案)の策定を勧めたい。来シーズンのことを考えよう」と強調。今季は打ち切り、9月からの来季に目を向けるべきだと話した。イタリアでは30日の時点で感染者数は20万3591人で、死者数は2万7682人。依然として1日300~500人が亡くなっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ