本文へ移動

プレミアは中立地集中開催での6月再開プラン検討 本拠地無観客だとサポーターが集まる懸念

2020年5月2日 12時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
再開を待つプレミアリーグのスタジアム(AP)

再開を待つプレミアリーグのスタジアム(AP)

 イングランド・プレミアリーグは1日、本拠地以外の中立地で無観客による集中開催によりシーズンを完了する、奇抜な再開プランを真剣に討議した。クラブの代表者はビデオ会議で、新型コロナウイルスの感染拡大によって中断している今季リーグ戦について検討。公式には「全日程の完了を目指すことを再確認した」と発表しただけだったが、3時間半にわたる会議の中では、前代未聞の再開プランの詳細が示されていた。
 BBCやガーディアンなど英国メディアによると、本拠地での無観客試合となれば、ファンらがスタジアム周辺に集まることを懸念。すでに8~10カ所の中立地を選定しているという。プレミアリーグのスタジアムも含むが、それぞれの本拠地ではプレーしない。各クラブは5月18日から練習を開始し、6月12日のシーズン再開を目指すという。
 また選手やスタッフは、残る92試合をすべて消化するまで週2回、PCR検査を受ける。ほか感染拡大を防ぐため、細かな手順も話し合われた。

 しかし一部のクラブや選手らは、感染を懸念してシーズンの打ち切りを望んでいるという。
 実際にシーズンを再開するには、英国政府の承認が必要だが、閣僚たちは前向きとされる。プレミアリーグは8日に再び、ビデオ会議を招集し、この再開プランの詳細をさらに詰める。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ