本文へ移動

プレミアは来季も無観客そして中立地開催か…ワクチン開発まで通常開催は不可能とクラブ側が見通し

2020年5月4日 12時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
再開を待つプレミアリーグのスタジアム(AP)

再開を待つプレミアリーグのスタジアム(AP)

 サッカーのイングランド・プレミアリーグが来季すべての試合を無観客で、本拠地ではない中立地で開催することを検討していることが3日、分かった。同リーグの英国内の放映権を持ち、制作も担当する英スカイスポーツが報じた。各クラブは新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまで、通常開催は不可能と考えているという。現在、世界中で同ワクチンの開発を急いでいるが、量産され、一般市民が接種できるのは、早くて来年半ば、と専門家の多くがみている。
 同リーグは今季の残り92試合もそれぞれの本拠地では行わず、他クラブのスタジアムで開催することを準備している。本拠地で行うと、ファンらがスタジアム周辺に集まるためで、この92試合をテストとし、来季の運営方法を決める。また来季は全20のスタジアムを中立地として使用することも検討しているという。
 全試合の無観客開催で入場料収入はなくなるが、各クラブとも収入の3~7割を占める放映権収入は維持できる。それでも各クラブの収入は半減するため、今夏の移籍市場は最低限の動きに留まり、特に高額な選手の獲得は極端に減るとみられている。
 「プロジェクト・リスタート」と名付けられた再開計画は、8日に各クラブの代表者らがビデオ会議で行い、さらに詳細を決める。この動きは現実的で、また迅速なため、各国リーグだけでなく、世界のスポーツ界が注目している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ