本文へ移動

ワクチン1回目、国民の半数完了 ファイザーとモデルナ、それぞれの特徴も

2021年8月14日 05時00分 (8月14日 05時01分更新)
 新型コロナウイルスワクチンの一回目を、国民の約半数が打ち終えた。データが蓄積され、米ファイザー製、米モデルナ製それぞれの特徴が見えてきた。厚生労働省の研究では、モデルナ接種後に発熱した人の割合はファイザー接種後の二〜三倍に上ると判明。諸外国より突出して多く、日本特有の現象だ。二回のワクチン接種を完了しても陽性になる「ブレークスルー(突破)感染」の危険性も残る。(沢田千秋)

■病休

 「頑強な自衛隊の方でさえ、四割が病休したのはちょっとショック」。ワクチン副反応の調査を担う厚労省研究班の代表、伊藤澄信・順天堂大客員教授は、副反応検討部会で率直にそう述べた。モデルナの調査は自衛官を中心に行った。二回接種後、四割が「仕事にならない状況」だったという。
 調査によると、二回接種で三七・五度以上の熱が出たのは、ファイザーが約四割に対し、モデルナは約八割。三八度以上では、ファイザー約二割に対し、モデルナは約六割で三倍の開きがあった。
 米疾病対策センター(CDC)のワクチン副反応報告システム「V−safe」に約九十五万人が回答したデータによると、ファイザー、モデルナの二回接種から一週間以内の発熱は、それ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報