本文へ移動

藤原竜也「人生間違えた。やっぱり野球選手に…」 西武ファンひと筋、ノーバン始球式で念願かなう

2021年8月13日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
みごとノーバン投球を見せた藤原竜也(C)SEIBU Lions

みごとノーバン投球を見せた藤原竜也(C)SEIBU Lions

 俳優の藤原竜也(39)が13日、埼玉県所沢市のメットライフドームで、西武―楽天戦のセレモニアルピッチイベント(始球式)に登場。マウンドから見事ノーバンで投げ込み、観客から大きな拍手を受けた。
 27日公開の映画「鳩の撃退法」(タカハタ秀太監督)で主演を務めた藤原。西武とコラボした同映画のポスターが、2日から西武線各駅などで掲出されており今回のイベントが実現した。
 藤原は同県秩父市出身で、幼少のころから西武ファンを公言。マウンドに立つと「最高です。ここ近年で一番ハッピーです。念願がかないました」と興奮気味にあいさつ。映画のタイトルにちなんで「鳩」のコスチュームに身を包んだ公式マスコットのレオがバッターを務め、藤原と対峙(たいじ)。藤原がゆったりとしたフォームで投げると、ボールは放物線を描きノーバンで捕手のミットに収まった。
 藤原は「届くか届かないかが問題ではなくて、憧れの地に立てたこと自体がうれしかった。映画の宣伝を忘れてしまうほどで、個人的に遊びに来たような感覚でした(笑)。幼少期に通っていた場所なので。さらに自分の作品を知っていただく機会にもなって、よかったです」とコメント。さらに「人生を間違えた。やっぱり目指すところは野球選手でしたね。役者じゃないなと思いました(笑)」と、いつもの藤原節で笑いを誘った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ