本文へ移動

宗が貴重な追加点、球宴はさみ6戦連続安打 ここまで9勝の先発・宮城を援護【オリックス】

2021年8月13日 19時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死満塁、中前に2点適時打を放つオリックス・宗

2回表2死満塁、中前に2点適時打を放つオリックス・宗

◇13日 ロッテ―オリックス(ZOZOマリン)
 オリックスの宗佑磨外野手(25)が2点リードで迎えた2回、追加点をたたき出した。6月中旬から定着した「2番・三塁」でスタメン出場。ルーキー来田涼斗外野手(18)の右翼フェンス直撃二塁打などでつくった2死満塁の場面で、カウント1―1からの沈む球を中前へはじき返す。2点を加え、これまで9勝を挙げている先発左腕・宮城を援護した。
 「打ったのはフォーク。(福田)周平さんが何とかつないでくれたし、周平さんのおかげ。全員で必死になって点を取りにいっている中で積極的にいこうと思っていたし、ストライク(ゾーン)のボールをしっかりとコンタクトできた」
 これで球宴までの前半戦から6戦連続安打。2打点は5月14日の楽天戦以来となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ