本文へ移動

中日・柳、3連打で先制点献上も…最少失点の立ち上がり 同期入団の木下雄介さん悼み喪章つけ奮投

2021年8月13日 18時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人戦に先発した中日・柳

巨人戦に先発した中日・柳

◇13日 巨人―中日(東京ドーム)
 中日は3日に27歳で亡くなった木下雄介さんを悼み、ナインが喪章を着けて試合に臨んだ。ベンチには木下雄さんの背番号「98」のユニホームを掲げた。
 先発は木下雄さんとドラフトで同期の柳裕也投手(27)。1回、先頭の松原に左前打を打たれると、続く坂本には追い込んでから外角の直球を左前に運ばれ、無死一、三塁のピンチを招いた。3番・丸にも2球目のチェンジアップを右前打にされ、いきなりの3連打で先制点を献上した。
 さらに無死一、二塁とピンチが続いたが、後続の岡本和は一邪飛、ウィーラーを併殺打に打ち取り、最少失点で切り抜けた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ