本文へ移動

J1鹿島がJクラブ初の音声配信アプリに公式チャンネル 第1回は内田篤人が「チームメート一言斬り!」

2020年5月12日 11時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
音声配信アプリに立ち上げた「鹿島アントラーズチャンネル」(クラブ提供)

音声配信アプリに立ち上げた「鹿島アントラーズチャンネル」(クラブ提供)

 サッカーJ1の鹿島が音声配信アプリ「stand.fm」(スタンドエフエム)にJクラブ初の公式チャンネル「鹿島アントラーズチャンネル」を立ち上げ、12日正午から配信をスタートさせる。
 自由度の高い音声コンテンツで、ファンやサポーターに選手やクラブのことをより気軽に知ってもらうのが狙い。第1回は元日本代表DF内田篤人(32)が担当し「バッサリいきます!内田篤人のチームメート一言斬り!」と銘打ち、クラブOBで元日本代表MF中田浩二さん(40)の進行で、チームメートをひと言で評していく企画になっている。
 内田は「僕なりの言葉で、チームメートを一言で斬ってみました。実はOBの方たちも斬っていて、後で怒られるかも…(笑)」とコメントしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ