本文へ移動

古裂で作ったネコずらり 駒ケ根・旧竹村家住宅で作品展

2021年8月13日 05時00分 (8月13日 16時24分更新)
猫の鳴き声が聞こえてきそうな会場=駒ケ根市の旧竹村家住宅で

猫の鳴き声が聞こえてきそうな会場=駒ケ根市の旧竹村家住宅で

 古裂(こぎれ)を使った猫の人形が並ぶ作品展「古裂いな猫たちの日々2021」が、駒ケ根市赤穂の旧竹村家住宅(国重要文化財)で開かれている。市内で「とらきち工房」を主宰する草田美津保さんと生徒十五人が、作品七十点を展示している。二十二日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧