本文へ移動

宮原知子「いいスタートだったかな」回転不足で減点も全ジャンプ着氷で納得の演技【フィギュア】

2021年8月12日 17時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子フリーで演技する宮原知子

女子フリーで演技する宮原知子

◇12日 フィギュアスケート げんさんサマーカップ2021・女子フリー(滋賀県立アイスアリーナ)
 2018年平昌五輪代表でショートプログラム(SP)6位の宮原知子(23)=木下グループ=は全体2位の134・74点をマークし、合計196・28点で2位に入った。
 フリー曲は昨季から継続のオペラ曲「トスカ」。ジャンプで回転不足による減点はあったが、全ジャンプを着氷。ステップもスピンも宮原らしい繊細な動きを見せた。「久しぶりに全体を通して思い切った演技ができた。いいスタートだったかなと思う」。本人も納得の初戦を終えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ