本文へ移動

SP1位の坂本花織、フリーも1位で完全Vも「今すごく悩んでいる」フリーの選曲【フィギュア】

2021年8月12日 17時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子フリーで演技する坂本花織

女子フリーで演技する坂本花織

◇12日 フィギュアスケート げんさんサマーカップ2021・女子フリー(滋賀県立アイスアリーナ)
 2大会連続で五輪出場を目指す坂本花織(21)=シスメックス=がショートプログラム(SP)に続き、フリーでも1位の143・50点をマークし、合計217・24点で完全優勝した。
 今季初戦はSP、フリーともほぼノーミスで終えた。例年は徐々に調子を上げていくタイプだけに「スロースターターなので出遅れることが多いけど、今年はショートもフリーも初めて1位で終われたので、出だしとしてはすごくよかった」と喜んだ。
 この日のフリー曲は2018―19年シーズンに使った「ピアノ・レッスン」。冒頭のフリップ―トーループの連続3回転を鮮やかに着氷すると、流れるような滑りを披露。全ジャンプで出来栄え点を稼いだ。
 目下の悩みはフリーの選曲。来年の北京五輪に向け新演目で臨むのか、過去の演目をさらに磨き上げるのか。決まっているのは昨シーズンまで2シーズン連続で使った「マトリックスは選択肢にない」ということだけだ。「いろんな意見がある。今すごく悩んでいる」と打ち明けた。五輪シーズン。勝負をかけるフリーの曲が決まるのはもう少し先になりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ