肝機能障害の経験から…「ハマの番長」DeNA三浦2軍監督が若手に「一流の健康管理」指令

2019年11月30日 19時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
トークイベントで選手たちへのコンディション維持の大切さも語った三浦2軍監督

トークイベントで選手たちへのコンディション維持の大切さも語った三浦2軍監督

  • トークイベントで選手たちへのコンディション維持の大切さも語った三浦2軍監督
 DeNAの三浦大輔2軍監督が30日、横浜市内で行われた健康を促進するトークイベントに出演した。今年8月、神奈川県から健康増進のPR大使に任命された「ハマの番長」。
 現役だった1998年には肝機能障害で約1カ月入院、健康の大切さを痛感した。「100パーセントの状態を1年間維持するのは難しい、80~90パーセントを保つのが一流の選手」。若手選手にも日ごろの健康管理の大切さを訴えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ