本文へ移動

初心者に多いスライス・・・簡単につかまるドローへ

2021年8月12日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップをつくった後の切り返しの時にオートバイのハンドルを切るようにひねる

 今回は、球を捕まえるということについて説明します。初心者に多いのが、打った球がスライスすることが多いスライサーになることです。これを矯正するためには手首と左肘の使い方が重要になってきます。(取材・構成 堤誠人)

クラブは開きやすい特性

 ゴルフクラブは手の中では重心がない道具なので、もともと開きやすいという特性を持っています。ゴルフを始めたばかりの人で、スライサーになる人が多いのはこのためです。結果的にクラブの重さに負けてしまい、開いた状態で球を上からたたくとスライスが出やすくなる、ということになります。
 クラブを閉じていく動作を練習することは、なかなか難しいのですが、ポイントになるのは手首です。アドレスの時は手首を真っすぐに握ることができても、インパクトにかけてフェースを閉じていくためには手首の角度が伸びてきます。この角度が伸びても左肘の角度が変わらなければ、手首を返す時にかけて、そこまでフェースが開くことはなくなります。

左肘角度変えず手首を返す

 ところが、左肘が外側を向いてしまうとフェースが左を向いてしまい、球が左へ飛び出してしまうようになります。基本的には左肘の向きを変えずに手首を返すと、フェースは閉じるようになります。
 この動きを習得するには、トップをつくった後の切り返しの時にオートバイのハンドルを切るように左手首をひねり、そのまま降ろすとフェースは閉じますし、よく言われるようなハンドファーストの状態に勝手になっていきます。
 特にスライサーの人は、球を捕まえるという感覚がない人が多いと思います。このように左手首を後ろで少しひねってから打つ練習をすると、結果的に球が捕まるようになります。
 こうして打つと球はちょっと右に出て、そこから左へ曲がるドローボールになります。このように、左手首を少しねじって打つだけで簡単にドローボールを打つことができます。
 これをやってもらうとスライスを防ぐことにもなりますし、アイアンショットでも少し先のターフを取ることができるようになります。ぜひ、この動きを参考にしてみてください。

【旅ノート】五輪ゴルフ会場の霞ヶ関CC 全て最高でした

 東京2020オリンピックでゴルフの会場となった「霞ケ関カンツリー倶楽部」は、とにかく暑く汗が止まらない、水分をいくら取っても足りないくらい厳しい気候の中での戦いとなりましたが、コースコンディションはとても素晴らしく、仕上がりは最高でした。
 フェアウエー、グリーンがきれいなのはもちろんのこと、ラフも深く根が強い、これまで見たことがないような粘り気でした。また、コースを改造してグリーン周りの傾斜や起伏も海外のコースに負けないような面白い形状になっていました。
 海外の選手たちも、日本特有のコーライやコースの素晴らしさを堪能したり、レストランでは日本茶を飲んだり日本の鶏肉を食べたりしながら楽しんでいる姿が印象的でした。
 また、PGAツアーで競っている選手たちがオリンピック大会でも上位にいて、大変に見応えのある試合展開で、私自身も大変印象に残る大会となりました。2024年のパリオリンピックが今から楽しみです。

 ▼目澤秀憲(めざわ・ひでのり) 1991(平成3)年2月17日生まれ、東京都出身の30歳。埼玉平成高、日大卒。大学卒業後に米ボストンへ語学留学し、日本人では数人しか持っていないTPIレベル3を取得。コーチとして河本結、有村智恵、永峰咲希らを指導し、河本の米ツアー参戦や永峰の国内メジャー大会制覇などに導く。今年からは松山英樹と専属コーチ契約を結び、米ツアーに同行している。

 取材協力 キングフィールズゴルフクラブ(千葉県市原市新巻377番地) 
 (電)0436(36)6111=代表
(毎月第2・4木曜日の紙面に掲載)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ