本文へ移動

【楽天】「侍」田中将大がチームがい旋 約束の金メダル披露に「みんなキラキラ」自身は好投できず「悔しさを後半戦にぶつける」

2021年8月11日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
チームに合流した楽天・田中将(左)

チームに合流した楽天・田中将(左)

 東京五輪で侍ジャパンの一員として金メダルに輝いた楽天の田中将大投手(32)が11日、チームに合流。楽天生命パーク宮城の選手ロッカーでチームメートに金メダルを披露し、リーグ制覇がかかる後半戦でチームにさらに貢献すると誓った。
 本物のメダルを目にした同僚に笑顔があふれた。「重い」「すごい」「初めて見た」。思い思いの感想に、田中将は「金メダルを持ち帰ると(五輪前に)約束していたのでうれしく思います。みんなキラキラしていた」と目尻を下げた。
 東京五輪では、2日の米国との準々決勝に先発し、3イニング2/36安打3失点。試合では貢献できなかったが、北京五輪の経験や相手国の打者の特徴、調整法を若手に伝えた。「役に立ったかどうかはわからない」と謙遜するが1次リーグから無傷の5連勝で優勝したチームの支柱となった。「一生に1回しかないチャンスなので」と閉会式にも参加。他競技の選手との交流は財産となった。
 13日から始まる後半戦で目指すのはパ・リーグ優勝、さらには日本一だ。「(五輪では)思うような結果も残せなかった。後半戦といっても残り55試合しかない。悔しい気持ちをぶつけようと思います」。大舞台の経験を胸にイーグルスを浮上させる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ