本文へ移動

【日本ハム】中田翔が出場停止処分 同僚選手への暴力行為で 4日、函館でのエキシビションマッチの試合前に

2021年8月11日 14時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・中田翔

日本ハム・中田翔

 日本ハムは11日、中田翔内野手(32)に対して、同僚選手に暴力行為をしたとして、統一選手契約書第17条(模範行為)違反による出場停止処分を科したと発表した。
 球団によると、中田は4日に函館千代台公園野球場(オーシャンスタジアム)で行われたエキシビションマッチのDeNA戦の試合開始前、同僚選手1人に対して暴力行為をしたことが判明。試合中に球場からの退場と自宅謹慎を命じるとともに、中田や暴力行為を受けた選手、事情を知る選手、スタッフらへの調査を行った。
 その結果、球団は、暴力行為を受けた選手から今回の件を大ごとにしたくないとの申告があったことや中田自身が深く反省していることを踏まえても、中田がした行為は統一契約書第17条に違反し野球協約第60条(1)の規定に該当するものと認定。当面の間、1、2軍全ての試合の出場停止処分を通達した。
 今回の問題に関して、川村浩二球団社長兼オーナー代行は「ファンの皆さま、関係者の皆さまにご心配をおかけしますこと、ご不快な思いをさせますことに、深くおわび申し上げます」と謝罪。「中田選手が行った行為はプロ野球が青少年の健全な育成に寄与し、夢を与えるエンターテインメントでもあることの信頼を著しく傷つけるものです。そのため、当球団はこの行為に対して野球協約にのっとり厳正な対応をとることとしました」などとコメントした。
 中田は4日のDeNA戦で「4番・一塁」で先発出場。1回裏に左翼に適時二塁打を放ち、2回表にベンチに下がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ