本文へ移動

日本航空・エドポロが中堅からのレーザービームで先制阻止!直後に重盗で先制点演出【高校野球】

2021年8月10日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回東明館2死一、二塁、成沢の中前安打を処理し、本塁へ送球する日本航空・エドポロ

6回東明館2死一、二塁、成沢の中前安打を処理し、本塁へ送球する日本航空・エドポロ

◇10日 全国高野球選手権大会1回戦 日本航空4―0東明館(甲子園)
 父がナイジェリア人の日本航空の3番エドポロ・ケイン外野手(3年)が、バデルナの完封をアシストした。6回2死一、二塁ではセンターから先制阻止のレーザービーム。「1点やったら、一気に相手に流れがいくと思い、アウトにすることだけを考えた」。その裏、2死一、三塁では一塁走者としてスタートを切って先制の重盗を演出した。
 山梨大会では打率1割にも満たない5分9厘と苦しんだが、8回には右翼フェンス上部直撃の二塁打で4番・和泉の2点タイムリーを引き出した。試合中盤にバデルナから「そろそろ打ってくれ」と言われ、最後に応えたエドポロは「まだ1本なので」と次の活躍を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ