本文へ移動

【動画】「寝たきり社長」連載始めます

2019年4月4日 19時33分 (5月27日 03時54分更新)
 難病を患いながら会社経営をする愛知県東海市の佐藤仙務(ひさむ)さん(27)の連載「寝たきり社長の上を向いて」が、中日新聞紙面で10日、始まる。連載への意気込みを聞いた。
 生後10カ月で筋肉が衰えていく「脊髄性筋萎縮症」と診断された佐藤さんは、19歳で起業。現在、障害者ら10人をスタッフとして、ホームページ制作などを手掛ける会社の経営をしている。動画では、視線やわずかに動かせる親指を使い、執筆する様子も紹介する。
 連載は隔週で掲載する。
 <さとう・ひさむ> 1991年愛知県生まれ。脊髄性筋萎縮症で、障害区分は最重度の6。2010年に同県立港特別支援学校を卒業し、翌年起業。16年に地元の同県東海市の「ふるさと大使」に任命され、椙山女学園大の非常勤講師も務める。著書に「寝たきりだけど社長やってます」(彩図社)など。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報