本文へ移動

阪神が前ソフトバンクのスアレスと契約 「体力的にもまだやれる自信がある」

2019年12月19日 14時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神入団が決まったスアレス(球団提供)

阪神入団が決まったスアレス(球団提供)

 阪神は19日、新外国人選手として、前ソフトバンクロベルト・スアレス投手(28)と来季の契約を締結したと発表した。
 スアレスはベネズエラ出身で、188センチ、95キロ、右投げ右打ち。2016年からソフトバンクに所属し、今年まで通算4年で78試合に登板し、3勝11敗1セーブ、29ホールドの防御率4・28。主に中継ぎで活躍。今季限りでソフトバンクを自由契約となっていた。
 スアレスは球団を通じて次のとおりコメントを寄せた。
 「また日本に戻って来ることができると決まり、大変喜んでいます。体力的にも、まだまだやれる自信もありますし、阪神タイガースやタイガースファンの皆さんに自分と契約したことが良かったと言ってもらえるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ