本文へ移動

池江璃花子「全てが特別であった試合でした」白血病判明から東京五輪までの道のり振り返り感謝つづる

2021年8月9日 21時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
池江璃花子

池江璃花子

 東京五輪の競泳日本代表、池江璃花子(21)=ルネサンス=が9日、自身のインスタグラムを更新。白血病の判明から復活までの道のりを振り返り、「♯♯arigato2020」などのハッシュタグとともに長文の感謝のメッセージをつづった。
 池江は「2016年のリオ大会からのこの5年間、ものすごく濃い時間を過ごしてきました。アジア大会6冠、世界ランキング1位まで上り詰め、そして病気の発覚。1年延期された時の選手の気持ち、様々な意見の中での開催。どのアスリートにとっても、私にとっても開催されることの不安はありました」と率直な心境を吐露。「こうして無事に閉会式を終えられたこと、そして自分が選手の時に行われた母国開催。全てが特別であった試合でした。無観客ではありましたが、皆様のたくさんのご声援は沢山届きました!ありがとうございました」などとボランティアや関係者らに感謝した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ