本文へ移動

【クラスターC】JRA現役最年長55歳の柴田善臣が2日連続ダート重賞制覇、リュウノユキナを完璧エスコート

2021年8月9日 19時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
重賞2勝目を飾ったリュウノユキナ(岩手県競馬組合提供)

重賞2勝目を飾ったリュウノユキナ(岩手県競馬組合提供)

 「第26回クラスターカップ」(Jpn3・9日・盛岡・ダート1200メートル)は、1番人気のリュウノユキナが圧勝。勝ち時計1分11秒1。重賞2勝目。JRA現役最年長の柴田善臣騎手(55)=美浦・フリー=はこのレース3勝目。小野次郎調教師(51)=美浦=は初勝利。3馬身差の2着にサイクロトロン、さらに2馬身差の3着にヒロシゲゴールドが入った。
 8日のレパードSをメイショウムラクモで制し、JRA重賞最年長記録を更新したばかりの柴田善が再び偉業を成し遂げた。前を見ながら好位へつけたリュウノユキナは、3コーナーから徐々に進出。4コーナーは外にいかずに内を選択すると、直線に入り自慢の末脚をフルに発揮。残り200メートルで前を走るサイクロトロンをとらえ楽々と抜け出し、突き抜けた。
 2日連続重賞Vを成し遂げた柴田善は「前を見ながら自分のリズムで運べてレースの構成は楽でした」と、振り返り「このまま秋に向けて悪いところは直しながら(馬を)つくっていくので、強くなったリュウノユキナを楽しみに待って頂けたら」と、さらなる飛躍を期待。今後のダート短距離路線はこの馬を中心に回っていくことになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ