本文へ移動

野々村真は「肺が真っ白で『重度の肺炎』」妻がコロナ悪化での入院明かす 酸素吸入器も装着

2021年8月9日 17時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
野々村真

野々村真

 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養していたタレント野々村真(57)の症状が悪化、5日から入院していることが分かった。妻でタレントの野々村俊恵(57)が9日、フジテレビ系情報トーク番組「バイキングMORE」(月~金曜午前11時55分)で明かした。
 野々村は7月30日にPCR検査を受けて陽性が判明、38度の発熱とせき、倦怠(けんたい)感の症状があった。同31日に感染を所属事務所が公表、自宅療養していた。
 俊恵によると、5日に入院した際、検査を受けたところ「肺が真っ白で『重度の肺炎です』と」言われ、驚いたという。入院翌日の6日には血中酸素濃度が低下、酸素吸入器と心電計をつけなければならなくなり、「今はベッドから動けない。トイレとかお風呂とか一切できない状態」と不安そうに話した。所属事務所によると9日昼現在、状況は変わっていないという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ