本文へ移動

ヤクルト山田哲が球団初の5億円到達 来季FA権取得で複数年提示を断り単年勝負

2019年12月24日 15時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改を終え、記者会見で来季の目標を掲げるヤクルトの山田哲人

契約更改を終え、記者会見で来季の目標を掲げるヤクルトの山田哲人

 ヤクルト・山田哲人内野手(27)は24日、東京都内の球団事務所で契約交渉し、7000万円アップの5億円で更改し、球団初の5億円プレーヤーが誕生した。
 9年目の今季は142試合に出場し、打率2割7分1厘、35本塁打、98打点、33盗塁の成績。2連続4度目のトリプルスリーは逃したが、史上初となる4度目の「サーティー・サーティー(シーズン30本塁打&30盗塁)」を達成した。さらにシーズン記録の33連続盗塁成功も記録した。
 来季中にも国内FA権の資格取得条件を満たす山田哲は、球団から複数年契約の提示があったが単年契約を選択。その理由を「FA権を取得するまでは単年契約でいくというのは自分の中で決めていた。FA権を取ることは僕だけでなくプロ野球選手にとって大きなこと」と説明した。
 来季に向けては「一番の目標は優勝すること。個人としてはトリプルスリーを達成したい」と意気込み十分。「すべての面で今まで以上の成績を残したい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ