本文へ移動

ロッテがミルクボーイに始球式“出演依頼” ツッコミの内海崇がファン…選手寮でダダすべりの過去も

2019年12月27日 18時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミルクボーイ

ミルクボーイ

 Mー1王者に「出演依頼」だ。ロッテが、漫才日本一決定戦「Mー1グランプリ2019」で優勝したお笑いコンビ・ミルクボーイにイベント出演のオファーを検討。ツッコミ担当の内海崇(34)がロッテファンという情報をキャッチすると、すぐさまZOZOマリンでの始球式や漫才披露などの出演依頼を企画した。

 各メディアに引っ張りだこのMー1チャンピオン。そんなミルクボーイへのラブコール計画は、過去の「ある出来事」も背景にある。
 ミルクボーイは2016年1月、球団公式ファンブックの企画でさいたま市内の選手寮を訪問。ロッテファンの内海が食堂で食事中の寮生を前に、持ちネタの球団OB・里崎智也さんの物まねを披露した。
 新人合同自主トレ中で、当時新人だった平沢や2年目の二木らが席を埋めた即席ディナーショー。その結果は、二木が「覚えてます。あのときはスベッてましたね」と目を覆うほどの惨状だった。
 河合オーナー代行兼社長も「すごくウケなかったらしいですね」と苦笑いを浮かべる。だが、一躍脚光を浴びるコンビになった2人に対しては「ぜひリベンジしてほしい。せっかくそういったファンがいるわけですから、みなさんに面白がってもらえる企画を期待します」と雪辱のステージを用意する大号令をかけた。

 ミルクボーイは、コーンフレークネタでMー1の歴代最高得点をマーク。モナカネタでも爆笑を誘った。ZOZOマリンに登場となればロッテの主力商品「コアラのマーチ」や「チョコパイ」とのネタコラボの実現も可能性大だ。

 同オーナー代行兼社長は「来年は井口監督の就任3年目。本気で優勝を狙いにいく」とも話す。実現を目指すミルクボーイとのコラボを追い風に、旋風を巻き起こせるか。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ