本文へ移動

閉会式スピーチで「海外選手がギブアップ」…太田雄貴さんの『リアル』実況ツイートに「ブッこむなぁ」

2021年8月8日 23時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
閉会式で寝転ぶROCの選手ら(AP)

閉会式で寝転ぶROCの選手ら(AP)

 東京五輪の閉会式が8日、国立競技場で行われ、17日間のフィナーレを飾った。約2時間15分に及んだ式の終盤には、組織委員会の橋本聖子会長と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が登壇。開会式の“長すぎるスピーチ”を思い出す人が続出し、「バッハさん」「校長先生」「スピーチ」などの関連ワードがトレンド入りした。
 実際に現場にいた選手や関係者の反応はどうだったのか。生々しいリポートをツイートしたのが、フェンシングの五輪メダリストで、国際連盟副会長の太田雄貴さん(35)だ。この日は閉会式中に行われたIOC選手委員の就任式に出席。国立競技場の様子を「現場からは以上です!」と何度も報告していた。
 バッハ会長らのスピーチ中には「海外選手達がギブアップし、選手村に帰ったり、寝そべったりしている中、日本選手団はスピーチをしっかり聞いておられます。これは学生時代にに校長先生に鍛えられた成果と推察しております」と笑いを誘うツイート。これには、「洒落と皮肉が効いていて最高です」「IOC委員になったのにブッこむなぁ(笑)」「太田さんがそれ言うっ」と“勇気あるガラス張りの実況”をたたえるコメントが続出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ