楽天・島内、母校・星稜の後輩 奥川にエール

2019年12月29日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 楽天の島内宏明外野手(29)が、母校・星稜高の後輩でヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)にエールを送った。年末年始は石川県内の実家に帰って母校にあいさつに行く予定で、そこで顔を合わせる可能性もある。帰省を前に「交流戦やポストシーズンなど、対戦する機会があれば楽しみ。自分も負けずに頑張りたい」と対戦を心待ちにした。
 今夏の甲子園はテレビにかじりついて、準優勝した母校を応援。「奥川君はすごい投手。いい刺激をもらった」と発奮材料になり、8月は38安打を放ち月間安打の球団記録更新。その島内は「1年目からバリバリやれるかもしれないけど、2軍で体をつくってほしい気持ちもある。ケガなくやるのがプロでは一番、大事」とコンディションの重要性を説いた。 (竹村和佳子)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ