本文へ移動

落車にめげず日本勢大トリメダルの梶原悠未「『金じゃなくてごめん』」に笑顔で…母と二人三脚でつかんだ表彰台【東京五輪自転車競技】

2021年8月8日 17時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子オムニアム 銀メダルを獲得し記念写真に収まる梶原悠未

女子オムニアム 銀メダルを獲得し記念写真に収まる梶原悠未

◇8日 東京五輪 自転車女子オムニアム(静岡・伊豆ベロドローム)
 女子オムニアムの梶原悠未(24)=筑波大大学院=が銀メダルを獲得した。自転車競技での日本女子のメダルは初めて。男女を通じた自転車のメダルは、2008年北京五輪のケイリンで銅メダルとなった永井清史以来3大会ぶりとなった。
   ◇   ◇
 公私にわたり全身全霊でサポートしてくれた母に金メダルをかけてあげることはできなかった。レースを終えた梶原が真っ先に向かったのは観客席の最前列で応援を続けた、その母・有里さん。「『金じゃなくてごめん』と言ったら、『おめでとう』と言ってくれた」。ネイルを金色にしてまで欲しかった金メダル。銀のメダルでも母の笑顔を見た瞬間に全てが救われた。
 2020年世界選手権の女王ながら、苦しい戦いを強いられた。最初のスクラッチこそ2位でまとめたが「体力を消耗していた」2種目目のテンポレースで獲得したのは1ポイントのみ。「スクラッチが終わって20分後のレース。心拍が上がったままで、他選手に譲ってしまった。もっと強気にレースをするべきでした」と順位は伸び悩んだ。
 しかし、女王の真骨頂は3種目目のエリミネーション。研究のテーマでもある種目で2位と大きくポイントの上積みに成功した。「1種目目のように、もう一度笑顔を作って楽しもうと考えた」と、自分が動きをとりやすいよう、右側には選手を置かない巧みな走りを見せた。
 そして最終のポイントレース。後手に回って攻撃できないままでいたが、2位を守るためがむしゃらにペダルを踏み続けた。残り9周では落車のアクシデント。観客席からは悲鳴が上がったが「そこで気持ちを落ち着かせ、ゴールに向けて立て直せた」と、決してくじけることはない真の強さを見せた。
 次の目標はもちろん一つ。将来については五輪後に自分の気持ちと話し合って決める予定だったが「ゴールしてみて、やはり悔しいと思った。次のパリ五輪で金メダルを目指します」と早くも宣言した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ