本文へ移動

暑い… 岐阜・多治見で今年初40度超え 「これくらいでへばっていては、多治見では生きていけない」

2021年8月8日 14時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
暑さにうながっぱも溶けちゃう?

暑さにうながっぱも溶けちゃう?

 8日の東海地方は台風10号に吹き込む西寄りの風がフェーン現象を起こし、気温がぐんぐん上昇。「酷暑」の代名詞とも言われる岐阜県多治見市で午後1時34分に40.6度と、今年国内で初めて40度を超えた。SNSでは「多治見市」がトレンドワードになり「ついに出た」「多治見市が久しぶりに本気を出してきたような」などの声が寄せられた。
 国内最高気温の座は浜松市(2020年)、埼玉県熊谷市(2018年)の41.1度に譲っているものの、2007年に40.9度を記録している多治見。午後1時すぎに40度を超えた時点でツイッターには「これくらいでへばっていては、多治見では生きていけない」「暑さも金メダル級だな」「多治見でオリンピックやらなくてよかった」などの声が上がり始めた。
 岐阜県や隣接する愛知県などに熱中症警戒アラートが出て、最大級の警戒を呼びかけられているが、気になるのは気温が高くなると駅前に登場する多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」の存在のよう。ツイッター上では「うながっぱ…生きてるか」「最近おとなしいなと思っていたら、うながっぱが暴れ出した」「うながっぱ溶けちゃう」など案じる声も。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ