本文へ移動

梶原悠未がオムニアム『銀』! 自転車競技で日本女子初メダル【東京五輪】

2021年8月8日 12時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子オムニアム 銀メダルを獲得し、自転車を掲げ喜ぶ梶原悠未

女子オムニアム 銀メダルを獲得し、自転車を掲げ喜ぶ梶原悠未

  • 女子オムニアム 銀メダルを獲得し、自転車を掲げ喜ぶ梶原悠未
  • 女子オムニアム、スクラッチレースで力走する梶原悠未(中央)
◇8日 東京五輪 自転車女子オムニアム(静岡・伊豆ベロドローム)
 女子オムニアムの梶原悠未(24)=筑波大大学院=が銀メダルを獲得した。自転車競技での日本女子のメダルは初めて。男女を通じた自転車のメダルは、2008年北京五輪のケイリンで銅メダルとなった永井清史以来3大会ぶり。日本の選手団としては本格的に決勝競技が始まった7月24日から16日連続でメダルを獲得した。
 オムニアムは4種目によて争われるトラック競技で、最終のポイントレースで落車して11位となったものの、総合ポイントで2位を死守した。金メダルはジェニファー・バレンテ(米国)。
  ◇  ◇  ◇
 ▼梶原悠未(かじはら・ゆうみ) 1997年4月10日生まれ、埼玉県出身の24歳。155センチ、56キロ。筑波大卒。筑波大大学院在学中。筑波大坂戸高(埼玉)で自転車競技を始め、17年W杯第3戦のオムニアムで日本勢初優勝。20年世界選手権(ドイツ・ベルリン)では日本女子として初の金メダルを獲得した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ