本文へ移動

動物愛護に一役、供え物のフード活用 名古屋の中2・宮原さん奮闘

2021年8月8日 05時00分 (8月8日 12時16分更新)
預かった供物のフードを運ぶ宮原さん=名古屋市南区呼続4の長楽寺で

預かった供物のフードを運ぶ宮原さん=名古屋市南区呼続4の長楽寺で

 長楽寺動物霊園(名古屋市南区呼続4)に供えられたペットフードを有効利用するボランティア活動に、同区の中学2年、宮原りあさん(13)が取り組んでいる。一定期間たった後にフードを回収し、市動物愛護センター(千種区)に届けるというもの。宮原さんは「愛護センターの動物の役に立てれば」と話す。 (大野雄一郎)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報