本文へ移動

ロッテ大谷が減額制限超え4400万円ダウンの4000万円で更改 それでも「球団には感謝」

2020年1月12日 15時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約を更改し、記者会見するロッテの大谷

契約を更改し、記者会見するロッテの大谷

 ロッテ・大谷智久投手(34)は12日、ZOZOマリンで契約交渉し、4400万円ダウンの4000万円で更改した。
 10年目の昨季は2試合の登板で0勝2敗、防御率10・80の成績。2017年の55試合、翌年の45試合から大幅に出場機会を減らし、減額制限の25%を大きく超える50%超のダウンとなった。
 ベテラン右腕は「結果の世界なので仕方がない」と強調。「こういう金額でも球団には感謝している。チームが目指す優勝に貢献できるように毎日コツコツやりたい」と前を見据えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ