本文へ移動

「日本の野球の方が今は上」侍ジャパン金メダルに張本勲さん“あっぱれ”「アメリカ打撃進歩してない」

2021年8月8日 08時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
張本勲さん

張本勲さん

 野球日本代表「侍ジャパン」が東京五輪で正式競技として初の金メダル獲得から一夜明けた8日、TBS系の情報番組「関口宏のサンデーモーニング」にリモート出演した野球評論家の張本勲さん(81)は開口一番「あっぱれだね」とたたえた。
 「強くなりましたね。アメリカ野球に追いつくかと思っていたんですが、今は上になりました。(2日のノックアウトステージ初戦での)初対戦で見た時にビックリした。どっちがアメリカか分からなかった。われわれがやっていた時はアメリカの選手は背が高くて、横が大きかった。今は逆に日本の選手の方が大きい」と一気に話した張本さん。
 さらに「いい選手を五輪に送っていないと言うけど、(MLBは)中南米の選手が60%以上。日本の選手は邪魔をして貸してくれないんだもの。大きな祭典なのに。アメリカ野球はバッティングも進歩していない。ツッコんでくるバッターに日本のピッチャーの縦の変化は打てない。日本の野球の方が今は上に行っているんじゃないかと思います。変わりましたね」と感慨深げだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ