本文へ移動

ロッテ1位・佐々木朗希、ラスト1本で猛ダッシュ「ちょっとだけ頑張りました」

2020年1月12日 18時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
インターバル走をするロッテの佐々木朗希。右は横山

インターバル走をするロッテの佐々木朗希。右は横山

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=が12日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでの新人合同自主トレで意地の激走を披露した。
 100メートルを17秒以内でゴールするシャトルラン(8本×2)。ラスト1本で猛ダッシュした理由を「最後の1本だったのでちょっとだけ頑張りました」と笑顔で話した。
 同トレ2日目のこの日はキャッチボールやフットワークメニューなどもこなした。「2日間ですけど充実感があります。疲労もある中でいい練習ができました」。同トレ初の休日となる13日は「チームメートとなにかしようと思います」とも。つかの間の休日で英気を養う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ