本文へ移動

ヤクルト奥川、試し書きで恐縮…同期たちに「新人王と書け」と求められるも「恥ずかしくて…」

2020年1月12日 20時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新人6人で組み立てた義手を装着したヤクルト・奥川

新人6人で組み立てた義手を装着したヤクルト・奥川

 ヤクルトの新人6選手は12日、埼玉県戸田市のスワローズ戸田寮で1つの義手を一緒に組み立てた。球団は新人講習の社会貢献の授業の中で、「ヘルピングハンズプログラム」を導入。練習後、約20分間の座学でプロアスリートの社会貢献について勉強し、義手を受け取る人の気持ちや社会への波及効果を話し合った。
 このプログラムはは2006年に米国で始まった活動で、義手を組み立て、それを必要としながら入手困難な人々に無償で贈るというもの。すでに3万個が作られ、世界80カ国の人々に送られている。社会貢献の一環として同活動に取り組んだのは、12球団でヤクルトが初めて。この日組み立てた義手も米国の民間非営利団体(NPO)法人を通して、誰かの手に渡る。
 選手がそれぞれ装着した義手でペンを持ち、使用感を確かめた。「何を書こう?」と首をひねるドラフト1位の奥川恭伸投手(星稜)に、同期たちは「新人王って書けよ」とはやし立てた。「新人」までは書いたが、悩んだ後で「合同自主トレ」と書き加え、「恥ずかしくて書けなかった」と照れ笑い。2位の吉田大喜投手(日体大)は堂々と「新人王」と書きニヤリと笑う一幕も。
 6位・武岡龍世内野手(八戸学院光星)は「社会貢献の意味が分かった。ごみ拾いや募金など気付いたら心掛けたい」、5位・長岡秀樹内野手は「ファンへの対応も、笑顔で手を振れば野球をやりたいと思う人が増えるかもしれない」などと、それぞれ社会貢献について考える機会になったようだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ